初心者向け講座

外貨投資とは?始め方や初心者向けのおすすめは?積立FXやMMFなど解説

金融緩和やマイナス金利の導入などにより銀行預金が超低金利となる中、日本円と比べて利回りが良い、外貨への投資が注目を集めています。円預金が年率0.001%近辺の金利水準の中、外国通貨は、数%以上の利回りが期待できる場合もあります。

そこで、本記事では、外貨投資関連の金融商品の解説を行います。様々な外貨投資商品の中から、利便性や投資コストなどを考慮し、おトクなおすすめ投資商品を解説していきます。

>>> 外貨投資おすすめランキング|外貨預金の選び方や比較

外貨投資とは?

はじめに、外貨投資の魅力・外貨投資でどのように利益が出るのか?ポイントを解説していきます。すでに、ご存知の方は、読み飛ばしていただいて構いません。

外貨投資と聞くと、難しく感じてしまうかもしれませんが、実はとても簡単です。例えば、空港や銀行、日本円をを外国通貨に両替することも「外貨投資」と言えます。

外貨投資のメリットは?利益を出す仕組み

外貨投資で利益が出る仕組み・ポイントは、以下の2点があります。

外貨投資での2つの利益
  • 海外の高い金利
  • 円安による為替差益

以下、それぞれのポイントを詳しく見ていきます。

海外の高い金利

日銀の金融緩和やマイナス金利により、日本では低金利が定着しており、メガバンクやゆうちょ銀行など多くの銀行で、普通預金は年率0.001%程度の水準になっています。

しかし、海外では年利2%~5%という高金利の国(オーストラリア、南アフリカなど)が存在します。日本の何万倍もの金利水準となっており、海外の高い金利を利用することで、資産を長期的に増やしていくことが可能です。

金利の違い・比較【具体例】
  • 国内で100万預金(金利0.001%)⇒1年後10円の利息
  • 外国Aで100万預金(金利2%)⇒1年後2万の利息
  • *税金等は考慮していません。

このように、高金利の外貨に投資することで、1年でも円預金と比べて高い利回りを達成することができます。さらに長期で保有すれば、複利効果により、資産形成スピードが多く変わってきます。金利の力は恐ろしいですね。

メリット2:円安による為替差益

外貨投資で利益が出る2つめのポイントに「為替差益」があります。外貨から日本円に戻す時に、日本円を外貨にした時と比べて、円安になっていれば、その分の利益が発生します。

為替差益の例

前提条件:105万円を外貨投資した際の為替差益の例

  • 購入時(1ドル105円):105万円 ⇒ 1万米ドル購入
  • 売却時(1ドル120円):1万米ドル ⇒ 120万円
  • ⇒15万円の利益(*税金等は考慮していません。)

このように、外貨投資商品の売却時に、購入時よりも円安(円の価値が外貨に対して下落する)が進んでいれば、その差分の利益が発生します。

そのため、外貨投資では、「金利」と「為替差益」の両方、ダブルで利益を狙うことが可能です。

デメリットとして、投資商品売却時に円高となっている場合、投資損が発生することもありますが、そもそも外貨は高利回りなので、トータルでは利益をあげることが十分期待できます。

また、米ドルなどの安定通貨を選ぶことで、為替変動リスクを低減することも可能です。

外貨投資でオススメの商品は?

次に、外貨投資の商品を選ぶ上でのポイントを解説し、それらのポイントをふまえた上で、注目度の高い外貨投資商品を解説していきます。

投資商品の選別のポイント

外貨投資の商品を選ぶ上のポイントは、以下の3点があります。

外貨投資の商品を選ぶポイント
  • 投資コスト
  • 利便性
  • 安全性

外貨投資では、円と外貨を取引する際に為替手数料がかかります。この手数料(投資コスト)が低い商品を選ぶことで、投資パフォーマンスの確実な向上が望めます。

投資の利便性も重要です。働きながらでも、定期的に自動積立ができる商品を選ぶことで、手間を省いた投資を行うことが可能です。また、預金保険制度(ペイオフ)の対象になっているか否かも、資産の安全性という意味で非常に、重要となります。

以下、これらのポイントを考慮し、注目の外貨投資商品を解説します。

1位:積立FX

積立FXは、長期の安定外貨運用を目指す方のために開発された新しいサービスです。外貨預金や外貨MMFよりも手数料が安く、また自動積立も小額から行うことができます(必要であればレバレッジも可能)。ペイオフの対象ともなっており、優位性と安定性を兼ね備えたサービスです。

そのため、私も外貨投資として本商品を利用しています。ドルコスト平均法により自動積立ができるので、忙しいビジネスパーソンの方にもオススメです。ちなみに、本商品を実施している会社は、SBI FXトレードのみとなっています

2位:外貨MMF

株式や投信と損益通算できるメリットがありますが、手数料・コスト面では「積立FX」に劣ります。定期的な積立購入が可能な証券会社が少ないこと等もあり、個人的には、先に紹介した積立FXがオススメとなります。

外貨MMFの詳細は、以下をご参照ください。

3位:外貨預金

外貨投資と言われて、最初に「外貨預金」が思いつく方が多いと思います。しかし、外貨預金は、以下の理由から、定期外貨積立と比べて、あまり良い商品とは言えません。

  • 為替手数料が高い
  • 金利が低い
  • ペイオフの対象でない

他外貨投資商品と比べて、円と外貨の両替にかかる為替手数料が高く、金利水準が低い点がデメリットです。また、ペイオフの対象外となっているため、極端な銀行が破綻すれば、価値が0円となってしまうこともあります(積立FX、外貨MMFはペイオフ対象!)。

外貨預金の詳細は、以下をご参照ください。

このように、コストや利便性などから投資商品を選別することで、相対的に高い利回りで資産運用を行うことができます。特に、積立FXを利用すれば、ビジネスパーソンの方でも、便利に、しかも超低コストで、小資金から外貨積立を行うことができます。ぜひ活用してみてください。

積立FXの特徴・まとめ
  • 低コスト・高金利が魅力
  • 1倍〜3倍のレバレッジを選択可能
  • 全額信託保全(つぶれても全額保証)
  • 購入する頻度(毎月・毎週・毎日)が選べる
    *希望レートの取引も可能


/p>

また、積立FX口座の開設方法・手順、また取引のはじめ方は、以下をご参照ください。

あわせて読みたい
積立FX(SBI FXトレード)の始め方【画像付き】口座開設や取引の流れ・手順を解説積立FXは、高金利の外貨を小額から積立・購入するできるうえ、FXの長所を活かし、低コストで必要に応じてレバレッジをかけることができる優秀...